原理と性質

気を付けて作業する

魚群探知機が便利

魚群探知機は漁業において広大な海の上で魚を探すという重要な役目を担っています。魚群探知機の原理は、船底より発した超音波は垂直に海底へ進んでいきます。その途中に魚群が存在していると、超音波は海底へ行く途中に魚に当たって反射します。当然海底からの反射された超音波もありますが、超音波の速度は一定のため反射後船底まで帰ってくる時間の差で魚までの距離、つまり水深が分かります。現在一般的に販売されている魚群探知機は深度約1500mまで使用することが出来ます。超音波の強さがそれほど強くないため途中で減速していまうからです。

歴史とメリット、デメリット

魚群探知機の歴史は昭和23年頃といわれています。そのころから実用化が進み今日まで発展してきました。古くからの機器ではなく、比較的近年の発明品です。魚群探知機は日本人の発明品です。魚群探知機のメリットについては、魚を探すことが出来る。そのため魚がいないところで漁を行わなくてよくなったというメリットがあります。デメリットについては、使用についてはさほどデメリットはありません。今までは漁師による経験とされていた部分が見える化することができたからです。しかし、初期投資のデメリットは存在します。コスト的には、近年では安価なものも存在し、10000円代の物のあります。しかし、費用自体は性能により大きく異なっています。10万円くらいが目安です。

個人での修理が困難なPLCの修理はココで解決することが出来ます。様々な種類の機器にも対応しているので、注目されています。

様々な種類
ビルを建設中

クレーンは一種類ではなく、様々な種類があり、用途によって使い分けることが出来ます。どのクレーンであっても、定期的な点検は重要になってきますので、必ず行ないましょう。

Read more
大容量のものがある
重機で動かす

全てのクレーンに設置されるクレーンフックは、玉掛け用ワイヤロープを掛ける鍵型形状をしているものが多く使用されています。しっかりセットしておくことが大切なので、事前に方法を知っておきましょう。

Read more
精密機器は高め
工事現場で働く

現在ではPLCの修理を積極的に行ってくれる業者も存在していますので、もしもの事態が発生した時は業者に依頼して、修理してください。迅速な解決で快適に装置を使用することが出来ます。

Read more