様々な種類

ビルを建設中

様々な種類のクレーン

クレーンという言葉の定義ですが、「荷を動力によって吊り上げ、これを水平に運搬する事を目的する機械装置」となっており、この中には移動式クレーンやでリックは含まれておりません。移動式のモノはは道路や工事現場で見かけますラフターやトラッククレーンの事を言います。 クレーンの種類は様々な種類が有り、大きくは天井クレーンやジブクレーン、橋形クレーン、アンローダ、テルハ等に分類されます。その特徴は種類に応じて様々ですが吊る目的の荷物の種類は設置場所によって機種の選定が行われます。 これらのモノは種類に関係なく点検が必要です。点検には定期的に行う年次点検と月例点検、始業前に行う始業前点検とが有ります。法律で定められていますし、安全に作業するためにも必ず行う必要が有ります。

点検に費用は必要です

点検にかかる費用ですが、始業前の場合は、基本動作の確認やワイヤーの状態を目視で確認する等、そのほとんどが取扱い者で出来ますので費用は発生しませんが年次点検の場合はクレーンの種類によっては資格が必要な場合が有ります。資格を習得するためには「定期自主検査安全教育」等の教育や講習を受ける必要が有り、受講料は講習にもよりますが15000円程度見込んでおくと良いです。 また自社や自分で行わない場合は業者に外注すると良いです。業者や機種によってその値段設定やサービス内容も異なりますので注文の際には内容を確認しておく必要が有ります。中には一定期間の保守サービスを行っており、サービスの中に各種点検を含んでいる業者も有りますので検討の際に候補の一つに入れておくと良いでしょう。