大容量のものがある

重機で動かす

クレーンの吊上げ重量

クレーンフックの中央部にロープが正しく掛かるようにセットしなければならない。また、クレーンフックは重量物を吊り上げたまま、任意の方向に回転できる構造でなければならない。フックの上に巻上げ用ワイヤロープを掛けるシーブは、巻き上げ容量に対応した必要な数を備える必要がある。フックには玉掛け用ワイヤロープが外れないように、外れ止め装置を設置することが決められている。外れ止め装置には、バネの力で開口部を閉じるスプリング式、重りの自重で閉じるウエイト式、遠隔操作で開口部を開閉する電動シリンダ式などがある。クレーンフックは、重量物を吊り上げ、且つ、自由に回転できる構造であり、過酷な使用条件であるために、フック表面の僅かな傷でも金属疲労が進み易く、疲労破壊が起こり易くなる。

クレーン用フックの種類とその機能

クレーンフックには、種々なタイプのものがある。鉱石や土砂等のバラ物を運搬に用いられる吊り具で、複索式や電動油圧式グラブバケット式、鋼材やすくらぶ等を運搬用にリフチングマグネット式、ガラス板のような表面が滑らかな板状物を運搬にバキュームリフター式、製鋼の運搬に使用されるクロー式、コンテナクレーンに用いられる専用吊り具にスプレッダ式等がある。いずれもどの様な形状の物を吊り上げ、運搬するかによって、最適形状、最適構造のクレーンフックが吊り具として使用される。 クレーンフックの使用条件は、可成り過酷である。クレーン用フックの製作は、機械加工で作られるために、機械加工時に作られてわずかなキズが起点となって疲労破壊することがあるので、製作には十分な注意と経験が必要である。